News & Topics

ニュース&トピックス

{{cabinetFile.CabinetFile.filename}} >  ニュース&トピックス
学校の様子

学校の様子

12月7日 2学年対象「進路講演会」を行いました

12月7月日(水)、2年生を対象とした進路講演会を行いました。この日、講師としてお迎えしたのは、河合塾東北営業部の佐々木一幸先生です。佐々木先生からは、「本番入試まで1年1か月:第一志望合格に向けた学習に」というテーマで、入試問題を解き戦略を練ること、模試を通して全国のライバルの学力を知ること、受験生としてスタートを切ること、入試を知ること、冬休みに目線を上げて決意することなど、熱意あふれる語り口で貴重なお話をいただきました。修学旅行を終えた2年生は、これから「3年0学期」を迎え、いよいよ受験に向けて本格的に取り組むことになります。この大事なタイミングでのご講演をいただいたことは、2学年生徒たちにとって、大きな刺激になったものと確信します。

(進路指導部)

 

9月22日 合格体験報告会が行われました。

9月22日(木)、昨年度の入試で現役合格を果たした本校卒業生5名を講師としてお迎えし、「1・2学年対象 合格体験報告会」を実施しました。この日お越しいただいた先輩方は、現在、東北大学教育学部、宮城教育大学教育学部、山形大学理学部、福島大学人文社会学群、東北学院大学教養学部に通う大学1年生です。先輩方からは、志望理由や志望校決定の時期、学習面における努力、スマホとの付き合い方、後輩たちに伝えたいこと等について、現役時代のご自身の経験をもとにした具体的なアドバイスをいただきました。50分という短い時間でしたが、参加した生徒たちはみな先輩のお話に真剣に耳を傾け、熱心にメモを取るなど、意欲を持って臨んでいました。事後アンケートには「先輩方のお話を聞いて受験勉強をするにあたっての心構えなど、よく考えることができた」「いつからどう勉強していたのかなど、普段の学校生活では知ることのできない内容だった」「これからの受験を見据えた生活の仕方を考える機会になった。受験は人生の終点ではなく通過点だと再認識できて、受験への気持ちが少し軽くなった」などの言葉が見られました。お忙しい中、ご協力いただいた卒業生の皆様には改めて感謝申し上げます。(進路指導部)

7月23日「令和4年度 総合型選抜・学校推薦型選抜希望者対象 特別セミナー」を実施しました。

7月23日(土)、進路指導部主催の標記セミナーを実施し、50名を超える3年生が参加しました。セミナーでは、はじめに進路指導部から志望理由書を書く際のポイントや面接試験に向けての心構え等について講義がなされ、その後、来校した5名の先輩方からアドバイスをいただきました。お招きした先輩方は、現在、東北大学工学部、山形大学人文学部、宮城教育大学教育学部、宮城大学看護学群に通う大学1年生で、いずれも、昨年度、総合型選抜や学校推薦型選抜でそれぞれの大学に合格を果たした先輩方です。5名の先輩方からは、志望理由書作成にあたっての留意点、面接・筆記試験・小論文等の対策、一般選抜の勉強との両立の仕方等について、ご自身の経験をもとに具体的なアドバイスをいただきました。約90分のセミナーでしたが、参加者した生徒たちには、真剣な面持ちで熱心に耳を傾ける様子が見られ、セミナー終了後も先輩方から個別にアドバイスをいただこうとする姿が見られるなど、たいへん有意義で充実した機会となりました。ご協力をいただいた先輩方には改めて感謝申し上げます。(進路指導部)

7月9日 1・2学年保護者対象のPTA進路対策研修会を実施しました。

1・2学年PTA進路対策研修会 報告

 

7月9日(土)、1・2学年の保護者を対象としたPTA進路対策研修会が行われました。1学年で講師としてお迎えした方は、日本進路指導研究協議会会長の山口和士(やまぐちかずし)先生です。山口先生からは、「コロナ禍にあって変わらぬ親としての基本」と題し、親として子供を成長させる条件や子の巣立ちを助けるための心構えなどについてお話をいただきました。山口先生独特の力強くも優しいお話しぶりにどんどん引き込まれ、あっという間の90分となりました。2学年では、代々木ゼミナールSAPIX YOZEMI GROUP仙台教育センターから講師として須田久隆先生をお迎えしました。須田先生からは、「2024年度入試に向けての第2学年の心構え」と題し、高3になる前に知っておきたい大学入試の現状、志望校突破に向けての高2生の心構え、学費や奨学金の実際、保護者としての心構えなどについてお話をいただきました。これから受験を迎える保護者の皆様にとって、有意義な情報を提供していただくとともに、受験を迎える子供に対してどう向き合えばよいのか、大切なアドバイスをいただくことができました。(総務部・進路指導部)

6月21/22日 進路講演会を実施しました。

1・2学年対象「進路講演会」を行いました。
6 月 22 日(水)、1年生および2年生を対象とした進路講演会を行いました。この日、講師
としてお迎えしたのは、東北大学農学部教授の宮尾光恵先生および東北大学文学部准教授
の木山幸子先生です。1年生は文理選択を見据えて全員を対象に、2年生はそれぞれの進路
に合わせ文系・理系に分かれての実施となりました。宮尾先生からは、「地球上の生命と環
境を支える植物:植物科学の現状」と題し、日本の食料問題と遺伝子組み換え技術をテーマ
とした講演をいただきました。木山先生からは、「大学で養う教養と専門」(1年生)・「人文
科学研究の学際化」(2年生)と題し、大学での学び、言葉を味わっているときの身体反応、
などをテーマとした講演をいただきました。前期中間考査の終わった直後のタイミングに
講演をいただいたことで、1・2年生ともに自身の進路について意識を高めるよい機会にな
りました。(進路指導部)
※左:宮尾光恵先生、右:木山幸子先

 

3学年対象「進路講演会」を行いました。
6 月 21 日(火)前期中間考査最終日、3年生を対象とした進路講演会を行いました。この
日、講師としてお迎えしたのは、駿台東日本中高営業部の桑島隆裕先生です。桑島先生から
は、「第一希望は、ゆずれない! 受験に勝つために必要な戦略を学ぶ」というテーマで、
目標設定の大切さ、情報収集の重要性、学習の優先順位、「納得受験」の実践など、短い時
間ではありましたが、たいへん貴重なお話をいただきました。3年生にとっては、前期中間
考査を終え、いよいよ受験に向けて本格的に取り組むことになるタイミングでの講演会と
いうこともあり、大きな刺激になるとともに、具体的な計画作りに役立つお話となりました。
(進路指導部)